副業にも生かせる料理のスキル

ネットで副業を始める時に、活かせるスキルの一つが料理です。

調理師専門学校などで基礎を学んだり、飲食店で修業をしたりしている人でなければ、料理で稼ぐことは難しいのではないかと考える人もいるでしょう。勿論、こうした高い知識や技術があれば、より稼ぎやすい状態を作ることができるでしょう。しかし、プロでないからこそできる稼ぎ方もあります。それが簡単なレシピを披露することです。

日常的に料理をする人の中には、毎回レシピ通りきちんと作る人もいれば、自分なりのアレンジを加えたり、材料や工程を大幅に省いたりする人もいるでしょう。自分なりの創意工夫ができる人は、そのレシピを公開することで、収入へと繋げていくことができます。

中でも、活用しておいて損がないのが、材料の種類を減らしたレシピです。とても豪勢であっても、材料を揃えるだけで手間がかかるような料理のレシピをアップしても、実際に作って貰える機会は少なくなってしまいます。それに対し、どの家庭にあるような素材のみ、さらに材料2つや材料3つなど少ない素材で作れる料理は、実際に作ってみたいという心をくすぐることができます。料理に慣れている人は勿論、これまで料理をしたことがないという人も、こうした簡単な素材で作れる料理であれば挑戦をして貰える可能性が高くなります。

公開したレシピが広がり、ブログなどへのアクセスが増えれば、広告収入を得ることができるようになるだけでなく、書籍化などの夢も広がります。動画サイトで、料理動画を公開し、再生数が伸びた場合も高校苦収入で稼げるようになっていきます。そのため、料理が好きというのであれば、そのレシピを公開して稼ぐことを考えてみると良いでしょう。

ただ、注意をしておかなければいけないことが著作権です。料理のレシピは、著作物にあたらないとされますが、料理本やブログなどで公開されているレシピに関しては創作物という扱いになり、著作権が発生することになります。それだけに、公開されているレシピを試して良かったからといって、自分が考えたレシピのように公開をすることだけは避けておきましょう。

自分で考えたレシピや独自のアレンジを加えたレシピであれば、公開可能となります。ただ、どんなレシピが受けるかは、誰にも分らないことです。意外なレシピがバズることもあるため、人に勧めたくなるようなアイデアを閃いた時は、積極的に公開していくと良いでしょう。それにより、ネットで副収入を得られる状態を作っていくことに繋がります。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL