効率のよいネット副業について

ネット副業にはいろいろな物がありますが、効率がよいとされているのは以下の五つです。 一つ目は、「クラウドソーシング」。 ネット上で仕事を受注できるという物であり、ライティングやデザイン・プログラミングなど、様々な物があります。 大手なら、「ランサーズ」や「クラウドワークス」が有名で、良い仕事をして信頼関係を築いていけば、継続して受注することも可能です。 ただし、中には単価の低い案件も隠れているので、そこは注意が必要です。 二つ目は、「ココナラ」。 スキルの売買ができるサイトです。 自分の得意な物や、できることに値付けをして出品することができます。 売るだけでなく、自分が欲しい物を買うこともできます。 例えば、「ライティングの仕事を出品して、本の感想を書くという仕事を受注する」という使い方があります。 また、デザイナーやイラストレーターなら、サイトのデザインを売ったり、イラストを売ったりするという使い方があります。 三つ目は、「MENTA」。 これは、メンターを見つけて知らないことを教わったり、逆に誰かのメンターとなって知りたいことを教えてあげるという物です。 プログラミングなど、ITに関するスキルの売買をメインに、活発な動きが見られます。 もちろん、IT以外のスキルを売買することもできるので、「誰かの先生になる」「先生に教えてもらう」といったことが手軽にできるようになっています。 四つ目は、「expeet」。 これは、比較的新しいサービスです。 どういう物かというと、自分の時間を売って、その時間内で直接会って話をしたり、知りたいことを教えてあげたりするという物です。 上記の「MENTA」と似ているようですが、こちらは対面でのコミュニケーションを重視しています。 五つ目は、「polca」。 これは、何かがやりたいと思った時や、何かが欲しいと思った時、インターネット上でカンパを募れるというサービスです。 これは、「フレンドファンディング」という言葉も生み出しており、ネット副業という観点からすると少々特殊です。 定期的な収入を得るのは少々難しいかもしれませんが、インターネット上で賛同者を募るという特性上、SNSでつながりのある人が多い人などであれば、お金を集めやすくなります。 そして、これらの中で最も効率がよいのはどれかというと、クラウドソーシングでしょう。 実際に作業をしながら学び、報酬を得ることもできるので、まずはクラウドソーシングから始めてみるとよいでしょう。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL