YOUTUBUは稼げるのか?

YouTubeでは動画が改修されるごとに広告が表示され、クリック回数や表示回数によって支払が得られる仕組みとなっています。この広告はYoutubeアドセンスとも呼ばれ、実際ではみんな広告を掲載する事ができるになりました。これは会社案件とも呼ばれ、スポンサーから注文されたアイテムを動画で解説してインセンティブを得るメソッドです。支払代金はチャンネル登録者数の1.5倍程度になる事が多々あるですね。この業務を受けるにはチャンネルの認知度が不可欠になり、まぁまぁ流行のあるユーチューバーでないとオファーがくる事はあまりないですね。いろいろな年齢層に流行のあるゲーム実況は国内外問わず、どんどん流行がありますね。好きなゲームをやりながら稼げますが、攻略法を動画で整理たり、自分らしさを光らせた配信をしないとチャンネル登録数は増やせません。なお、ゲームもどんどんと新しいものが出てきますし、コメント欄で受け応えをして、一つのコミュニティとしても成り立っています。

ところでゲーム実況となると、著作権は如何になるのかと腹積もりますが、全くのゲーム企業が黙認しています。ゲームの広告PRにもなりますし、ブームのあるユーチューバーが解説したゲームは収益も上がるので、スペシャルにオファーを受ける動画配信者もいますね新しいおもちゃやガジェットを批評する事で補修回数を伸ばします。けれども、多くの人が批評をしているので、競争率は激しめですね。差別化するにはアイテムに対する知識と何より視聴者を楽しませる話術や、エンターテイメント性が不可欠になってきます。特に日本のおもちゃはリピート補修を豊富にする息子に好評ですし、外国でも大いに評判が高いため、検索上位にあがる事も多々あるです。

タイトルや記事を英語表示にするだけで、外国圏にはクリックされやすくなるので、日本でダメなら外国向けに講評するのもアリ。音楽が好きであれば「カバーを歌ってみた動画」や「楽器を演奏する動画」で稼ぐ手段もあります。万が一、自身本人で作詞作曲をしているのであれば本人の歌も売り込めるので、カバーでチャンネル登録数を増やしてからフルスクラッチの曲を投稿するのもアリですね。大注目が出て、デビューしている人もいるので、自分の才能を試すチャンスでもあります。

動物は世の中中の人に共通して共感を呼ぶ事ができます。ペット動画はかなり大注目があり、ペットのいつもの様子や、とっておきの愛くるしい瞬間を動画に膨れ上がるする事で、世界中からかなりの視聴者数を入手する事ができます。爆発的なバズっていっぺんに復活数が上がる事も多々あるので、ペットを飼っている人は試してみてもいいかも。

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL