クラウドソーシングのメリット・デメリット

クラウドソーシングとは、インターネット上で「不特定多数の人」に業務を委託するものとなります。一般的にクラウドワークスなどに登録し、そこで仕事を見つけ行ものとなります。
利用している人には、専門的な知識や技術を持った人が本業として利用している場合や副業として利用している場合。また、主婦などがお小遣い稼ぎとして利用している場合もあります。
では、そんなクラウドソーシングのメリット・デメリットについてご紹介させて頂きます。

・クラウドソーシングのメリット
まず、大きなメリットは、パソコンのみで仕事を行うことができるという点です。基本的に自宅で行うことができるため、副業として選ぶ場合も本業先にバレにくく、また、迷惑をかけることなく仕事をこなすことが可能です。
主婦の場合は、家事や育児の合間に行うことができ、時間的な自由度が高い点が最大のメリットとなります。
仕事内容も様々で、専門的な知識が必要なものは高単価で仕事を行うことも可能です。単発の仕事から長期的な仕事まであり、自分のペースに合わせ仕事を行うことができる点も大きなメリットとなっています。

・クラウドソーシングのデメリット
一方、デメリットとしては、どうしても単価が低い傾向が挙げられます。また、2割ほど手数料としてクラウドワークスやランサーズなど登録しているサイトに差し引かれる点もデメリットとなります。とは言っても、無料で登録し仕事を斡旋してもらうことを考えると、これは仕方がないことだとも考えられます。
そのほか、メリットである自分のペースで仕事を行うことができるといった点がデメリットになってしま場合もあります。孤独な作業となるため、モチベーションを持ち続けることが難しく、自己管理を行うことが苦手な人の場合、続かなくなってしまうといったデメリットがあります。
そのため、自己管理に自信がない人には、あまり、おすすめできません。

このようにメリット・デメリットのあるクラウドソーシング。これらをよく理解したうえで、自分に合ったネットビジネスなのかを検討し始めることをおすすめします。
また、基本的に登録が無料で手軽に登録することも可能なため、少しでも興味がある場合は、サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。その結果、続けることができそう。自分には難しそう。と判断し、クラウドソーシングを始めるかどうかを検討しても遅くはないと思います。
是非、一度、検討されてみてはいかがですか。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL