趣味と副業を兼ねて

子供がなりたい職業として上位に上がるほどになったYouTubeバーですが実際にはそれだけで生計を立てる事はかなり難しい状況になりつつあります。実際に規約として登録数が1000人以上であり再生回数も一定回数を稼げなければ、広告収入が入ってこないからです。そもそも一見あたりの広告収入の単価は非常に低いものなのでそれほど簡単に生計を立てるほどの収入にならないのがYouTubeになります。そこで最近注目されているのがトップバズになります。知名度はまだまだ低いですが中国の事業者が主体となり、簡単にアカウントを取得して動画収入を得ることができます。場合によっては登録して2日目ほどで一定の収入を得ることができるようになります。YouTubeとの大きな違いは何といっても一見あたりの動画閲覧に対するインセンティブになるでしょう。場合によってはYouTubeとトップバズの収入は約10倍の開きが出てくる場合もあります。残念ながら世界各国をトータルした場合の登録者がYouTubeの方が現在は圧倒的に多いのでさほどメリットを感じることができないかもしれません。
トップバズの動画の特徴として著作権の侵害が明らかでなければ他の動画サイトからの転載や流用も運営主体者から削除されずに閲覧されることにあると思います。YouTubeに関してはその知名度が高く世界各国で利用されているがために著作権を侵害されるような動画はまず削除されてしまいます。またYouTubeに比べてトップバズの方が短い動画であっても比較的閲覧される可能性が高いのも大きな特徴です。
新規の登録に関してはYouTubeもトップバスもそれほど手間にさはないといえます。入金の仕組みについては中国の事業者が主体となって心配する方もおられますが実際にはそんな事はありません。トップバスも信頼のおける事業者が運営していると言えるでしょう。
むしろ、これから知名度や登録者が増えていくことを想定してトップバスである程度の地位を確立して登録者数、閲覧者数を増やしておくことが結果的には広告収入につながる可能性も出てきます。
いずれにしても、動画を撮影、編集、アップロードする技術に関してはアップロードする技術に関してはトップバズもYouTubeも同様の難易度を要します。自分自身が多くの登録者や閲覧者を獲得できそうなサイトを選んで利用していくことが広告収入を増やすための第一歩になってくるでしょう YouTubeも同様の難易度を要します。自分自身が多くの登録者や閲覧者を獲得できそうなサイトを選んで利用していくことが広告収入を増やすための第一歩になってくるでしょう。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL